忍者ブログ
2008/10/08に制作。 日々をつづったり、小説や落書きを細々と書いていきます。
プロフィール
HN:
猫又 うらは(旧:猫又 又之介)
性別:
非公開
職業:
田舎PGモドキ
趣味:
妄想(こら
カレンダー
12 2019/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
web拍手
お礼1枚イラをうpしました。
にーにがお礼を言ってくれてます。
カウンター
キタユメ。さま(http://www.geocities.jp/himaruya/)からお借りしております。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

内容(「BOOK」データベースより)

アメリカ次期大統領候補の若き議員が、教会で眩い光に打たれ謎の死をとげた。議員には死霊が憑いていたとの話もあり、事態を重く見た政府はバチカンに調査 を依頼。平賀とロベルトは、旧知のFBI捜査官ビル・サスキンスと共に、悪霊を閉じ込めているという噂のゴーストハウスに潜入する。そこでは、政財界の要 人しか参加できない秘密の降霊会が開かれていて、さらに驚愕の事件が発生する。天才神父コンビの事件簿、第6弾。

著者について

大阪府出身。1998年『陀吉尼の紡ぐ糸』でデビュー。ミステリーや伝奇など、多岐にわたるジャンルで活躍する。著書に朱雀十五シリーズ、陰陽師 鬼一法眼シリーズ、『太古の血脈』など多数。


(゜-゜)……
とうとう、南朝迷宮を読み終える前に読んでしまいましたよ。
面白かった。
平賀神父とロベルト神父のコンビ最高です。

読んだ時間は、、、うーん、1週間はかかってると思います。
家でしか読んでないし、最近家に帰っても本読む余裕なかったし←


さて、続きは内容感想から。

そして、ジュリア、またお前か(´・ω・`)…と言わんばかりに、
でしゃばってくるジュリア司祭。

まぁ、最終的にジュリア司祭との対決になるんでしょうけど。。。

それはそれとして。


ビルさんかっけー!!!!!!!!!

キャッキャ(*´∀`) (´∀`*)ウフフ


FBIだし、アメリカ人だからしょうがないのかもしれないけど、
体力馬鹿すぎるwww

しかし、そこが可愛く見えた。
ビルさん可愛いよ。カッコ可愛いよ。

そんなビルさんの家族の秘密も発覚した今回の巻。
ちょっと終わりがこわかった(´・ω・`;)

人間の裏側てきなあれが。

それにしても、「ガルドウネ」はどこまで根をはってるんだ。。。
こえーなぁ(´・ω・`)


ロベルト・平賀コンビについては……

もう、結婚しちゃいなよ

(゚д゚)!

いやや、結婚はできないよ。
カソリックの神父さんだった。うん、そうそう。


んじゃ、本当の兄弟になればいいよwww


………ごめんなさい、テンション上がりすぎましたorz


だって、平賀もロベルトもお互いを好きなんだもん(*´ω`*)
お互いを思いあってるんだもん。
ちょっとテンション上がるじゃん。

腐女子として←

(´・ω・`)……ついったではあれほど腐女子目線では
見ないと宣言してたのに……ねぇ。


物語のラストでロベルトとジュリアが邂逅してから後は、
腐フィルター無しに見られないんだよ

悪いかっ(`・ω・´)ドヤッ

(ドヤじゃねーよ)


腐談義はこれくらいにして。

別に推理小説を推理しながら読む方じゃないし、
なぞなぞとかも先に答え見ちゃう派だから別にいいけど、

なぞなぞの答えだけわかっても意味分かりませんってか、
話が若干難しすぎて、置いてきぼりです


ビルのことを馬鹿と言えない人


(´・ω・`)

まぁ、別にいいんだけどね。
ちょっと愚痴ってみたかっただけなんだから。
(百鬼夜行シリーズも半分くらい理解してない←)


もう一回読めば、理解できる。。。文章的なものは、きっと。
でも、なぞなぞはさっぱりだね。

気にしちゃいけないよね。
うん、(゚ε゚)キニシナイ!!


今度、1巻から読みなおそー。うん。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
まい本棚
ついったーろぐ
噛むとフニャン♪
バーコード
アクセス解析
バナー表示
Copyright © 2008 猫に鰹節(ブログ版/仮 All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS